chum-chum closet Diary

2015/09/03

まずは、ご挨拶。四万十市移住推進員です。

DSC_1268

どんより どよどよのお天気。

ぼよんぼよん のだめだめ波。

でも、3日振りの海は、気持ちよかった(笑)。

ブログも3日振りになってごめんなさい。

先月ブログ内でも報告させていただきましたが9月1日から四万十市役所で「移住推進員」として

2足のわらじを履かせていただき、週4日の勤務が始まりました。

まだ2日しか仕事していませんが毎日頭からモクモクと煙が出てる?!って思うほど覚えるコトが

多くって頭フル回転でついていくのに必死です。

感想と言えばお役所勤務の公務員さんは、本当によく働いています。毎日時間内にできるだけ仕事

を進めるよう無駄口もほとんど吐かずに邁進しています。

そんな世界に40歳になって突然飛び込んだ僕。

毎日、専門書や資料をとりあえず読み込み仕事の方向性を覚えています。

まだまだ、みなさんのお役に立てる仕事はできてませんが「動く・行動」するにしても行き先が

わかってなかったらダメですから。とりあえず今は頭を鍛えます。

一応、公務にたずさわっているので軽はずみでお話しできないのですがこのブログを見ていただい

てる方で四万十市中村に移住を考えられてる・関心を持ってらてる方もおられると思いますので

ちょっとPR告知をさせていただきます。

高知県は「高知家」という大キャンペーンのなか、移住推進に力をかなり入れています。

その中で僕たちも仕事をしているのですが「移住したい」としても「どうやって?どこから?」って

考えられる方も多いと思います。

四万十市中村移住を考えられてる方・興味をお持ちの方はぜひ四万十市ホームページにお越しいただき、

ピクチャ 4

左バーナーの「移住支援」をクリック↓

ピクチャ 7

そして、移住の支援体制や空き物件情報など掲載してますページの移住支援登録とお問い合わせをクリック↓

ピクチャ 8

下記のフォーム内に打ち込んでいただき送信して下さい。

ピクチャ 9

このブログを見て、お問い合わせ頂ける方は「担当.山崎希望」と打ち込んでいただいてもOKですよ!(笑)。

はやくもサーファー移住希望者の担当と上司.スタッフ仲間から指令をいただいてます(笑)。

とりあえず、メール・お電話でお話しさせてください! 僕たちでできることから始めさせて頂きます。

四万十市中村は、高知西部の人口3万5千ちょっとの田舎町。

東京に遊びに行くには日本一、時間とお金と体力がかかるかも?! でも僕は、東京出張を毎月1回、

12年続けています。

時に日帰りで仕事して帰ってくることも。

大丈夫です。

田舎と言っても中心地には中型規模のスーパー、コンビニエンスストアー、ユニクロ、しまむら、ABCマート

もあります。

(*よかったらお買い物は当店chum-chum closet*にお立ち寄り下さい.笑。)

サーファーさんは、海に近いところに住みたいと希望される方もおられますが中心地からサーフスポットまで

車で10分。

楽勝です。

農業.林業にご興味ある方でも土地・山はあります。農業をやってみたい方には支援もあります。

安心して下さい。

ただ、田舎は隣近所の距離が近いです。お付き合いがあります。

我が家のお隣さんもおじいちゃんおばあちゃんご夫婦のお家。お店が休みで急に息子が学校から

帰ってきて僕たちがいなかったとき、となりのおばあちゃん家でお菓子をもらってまっていました。

あったかいですよ。

僕は、この四万十市中村が大好きです。

今の仕事を希望した理由の一つに自分の子ども3人に「ここで住んでいきたい」「ここに帰ってきたい」と

思ってもらえるまち作りの一翼になりたかったから。

いいまち四万十市中村 住みやすいまち四万十市中村 楽しいまち四万十市中村 を目指して。

頑張ります!

宜しくお願いします。

山崎