chum-chum closet Diary

2010/09/13

J.Bと!

本日はX-girlを

DSC09907-1100913_110255-1DSC09912-1

3点UP!! http://www.chum-chum-closet.com/store/

店に届いた今月号の雑誌「カジカジ」。

裏表紙にJohnbullの広告が

100913_165959

義理の弟(ウソ)の勤め先なのでよくこのブログにも登場しますねぇ〜〜(笑)。

当店がOPENした当初から代理店をさせてもらってるから、もう6年以上のお付き合い!

昔、他社のデニムメーカーさんから営業を受けた時に「Johnbullさんのような大手メーカーさんより、当社のような小回りの利くメーカーの方が田舎のチャムチャム様には良いのでは?!」と営業トークをされたことがあった。

確かに 。。。

当店のある人口の少ないエリア(超ぉ〜田舎)でJohnbullを取扱わせてもらってるお店はないかも?!

実際、6周年イベントに遊びに来てくれたJohnbullの矢野さんに開業前に電話で「僕にJ.Bの代理店をさせていいただけないでしょうか . . . 」とお願いした時に

見事に

断られた

苦笑。

そのときに矢野さんから「山崎さんにJ.Bをお渡しできるかわかりませんが一度、大阪の展示会を見に来ますか?!」と言われ、

即、大阪に飛んだ。

矢野さんとお酒を飲むといつもあの時のことを思い出す。

大阪事務所の屋上のテラスで1時間近く、僕が矢野さんに向かって、熱弁を振るった。

すると

「わかりました。まだお店もできてない、当社の卸し対象の人口数には遥かに満たないエリアですが . . . 山崎さんにお願いします」とにっこり笑って言ってくれたこと。

そのあと、後ろから入社して1〜2年目のオチ君(のちに弟になる . . . )が挨拶に来た。

あとからオチ君に聞いたこと

「あんなに熱のある人ってなかなかいないぞ。だからやってもらうようにしたから」って。

矢野さんはお店の規模ではなく、僕を見てくれた。

それが何よりも嬉しかった。

なぜ、僕がJohnbullがやりたかったか?!

僕は、高校〜大学と岡山で生活しました。

その時によく通っていたお店がBigアメリカンショップと古着屋のガレッジパラダイスというお店でした。

そこのお店で見た人。

カッコいい!と思った人。

J.Bの今の社長。笑。

自分で店を開く時には Johnbullを置くんだ!と、その当時から勝手に決めてた。苦笑。

だから、僕にとってJohnbullというデニムメーカーに対する思いは強いのヨ!

実際、その思いが実って Johnbullと 一緒に開業できたんだから (笑)。

これからもchum-chumはJohnbullと一緒にやっていきます!!

これも勝手に言ってます 苦笑。