chum-chum closet Diary

2017/03/31

文字だけのブログの日。

3月31日 雨

今日は、雨が似合う日

別れの日

僕が市役所に入ることを決めてくれた人物の一人である、課の課長が退職された

15年以上ぶりにできた上司

生粋の公務員の上司

初めて会話させていただいた時の印象は、「うまくやれるかな」

毎日会話をするわけではなく、たまに声をかけてくれて、月に1回の課内協議で

仕事の取り組み方をレクチャーしていただいたり、アドバイスをいただいたり、

トラブルを抱えた時には、壁になって守っていただいたり、、、

最後に課長の退職祝いの席で聞いてみた

「なぜ、僕を選んでくれたのですか」

。。。。。。。。。。。。。。。。課長の言葉は、僕の心に残しておきます。

最後に課長から直接、この1年と半年の僕の仕事を褒めていただきました。

嬉しくて、僕も一緒に退職したくなりました(笑)。

全く知らなかった公務員、行政という世界に招き入れていただいて本当に

感謝しております。

あともう少し、この世界で頑張ります。

課長、ありがとうございました。どこかでまた、一緒に飲んでください。

 

同じ山崎。